青年海外協力隊員としてシリアへ~H20帰国


by sachitt
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
年が明けました。040.gif
2008年。
平成20年。なんですね。びっくり。
朝までホムスの友達の家で話しまくり、昼過ぎにダマスカスに出発。夕方ついてそのまま村に戻ってきました。村までのセルビスで感じのいい女性と友達になりました。元旦からとってもよい気分。001.gif
そして村に戻ってみると停電中。
大通りから家まで歩いて帰るには暗すぎるのでいつも行ってるお宅へ直行。ふと空を見上げると満天の星。これって天の川?って言うくらいたくさんの星がホントにきれい。053.gif元旦からこれもわたしの気分を上げてくれました。さて、今年は~~シリアで過ごす時間より日本で過ごす時間のほうが長くなります。
正直、日本での自分の生活がうまくイメージできない。でも、日本での生活、楽しみです。この1年いろんな変化も仕事も楽しめる年にしたいと停電の暗闇の中で思いました。
[PR]
# by sachitt | 2008-01-02 06:04

ホムスの年越し!

シリアでの年越し。特に大きな行事なんかはなくて外国人のわたしたちだけがなんだかそわそわしているようです。とにかく大晦日。昨日に続いてホムスで過ごしました。今日はスークを散策。大きなスークでした。売っているものはそうどこも変わらないんだけど、古い建物が多くてアーケードのあちこちに穴が開いていてそこからさす陽射しがちょっといい雰囲気。女二人のお散歩。値段交渉をしてみたり、お土産を探したり、飽きない、飽きない…。
その後はカフェで休憩。これまた飽きずにおしゃべり。夕方からお鍋となんちゃっておせちの準備をしてホムスの体育隊員も交えて3人で夕食。024.gif
f0109114_559517.jpgホムスには大根があるんです。他のマチにはありません。形は大根で色はラディッシュ。味はばっちりダイコン!これでなますを作ってもらってすっかりお正月気分です。こうやって過ごす年越し。余計なことを考えなくてよくてホントに快適。072.gif072.gifこんな日々も・・・と思うとやっぱり寂しいです。でも日本の味もやっぱり恋しい!
[PR]
# by sachitt | 2007-12-31 05:59

ホムスで

f0109114_555750.jpgとうとう、年末!
なんてあっという間の一年。そして帰国を意識せずにはいられない時期に入ってしまいました。
さて、今年の年越しは!と考えました。昨年は村で過ごしたんだけど、イスラム暦ではとっくに年が明けているのでこの年末年始という感覚はないんですよね。1月1日は祝日ですが31日は普通に学校や仕事があるんです。そうは言っても私たち日本人はやっぱり年越しが大事に思えるんですね。隊員同士連絡を取り合ってあちこちで集まって年越しをする計画が進んでしました。わたしは・・・クリスマスがアレッポ、その前のアイード(ラマダン明けの祝日)はダラー、つい最近ジャブレにも行ったし・・ということで1年以上行っていないホムスへ。ここにも同期がいます。
ホムスはシリア第3の都市といわれ、シリア国土のほぼ中央に位置するので交通の要とも言われています。ダマスカスからバスで2時間弱。一山超えたところです。山から吹き降ろす風が冷たくホムスは寒い!というのも結構有名。
とにかく行ってきました。30日の夜はキリスト教地区のレストランで夕食。その後イルミネーションがきれいなその地区を散策。教会にあったツリー大きくて見ごたえ十分。宗教画もマリア様の壁画もヨーロッパなんかで見るものよりもなんだかやわらかいイメージ。この教会でマリア様のベルト(?)だかが見つかったとか??周辺のお店にもクリスマス用品がたくさんディスプレイされていたし、家々のベランダにもいろんなイルミネーション。家の中のツリーがちょっぴり見えるところもありました。イスラム教国だけれども、共存しているんですよね。でもイルミネーションがぱったり途切れたと思ったらモスクがあってここまでがキリスト教地区なのねとわかりやすくなっていました。
[PR]
# by sachitt | 2007-12-30 05:53

障害者の日イベント

世界的な障害者の日はちょうど20日前に終了。わたしたちもそれぞれの村でそれなりにイベント行いました。
さて、今日になってわたしたちの村を含むダマスカス郊外県で障害者の日イベントがあるとのこと。
障害者政策に関しては社会労働省の管轄でわたしたちのプロジェクトも本来そこに属しています。実際はうまく連携が取れていない状態ですが…。今回のイベントこの社会労働省の下にあるNGOなどが協力して開催したようです。バース党からの協力、資金的にも大きかったようです。とにかく盛大!
きれいなホールに大きなお花がいくつか飾られ、一人ひとりにTシャツとキャップが配られました。来賓もたくさん。村のボランティアたちも全員ご招待。バスで送迎です。集まってみると今まで知らなかったNGOやセンターがけっこうあるんです。こういう機会ってすごく大切。情報交換のいい機会になりました。f0109114_662114.jpg各団体の手工芸作品の展示会も行われわたしたちの作品もどーんと飾ってもらいました。見劣りしてないはず! 前にダマスカスのお店で見た手芸の作品、これも障害者が作成したものだったことが判明。いろいろな手工芸がいろいろなところであることもわかりました。連携したい…。ちょっと遅いんだけど、関係作りくらいはできるかも。
各団体からの出し物もありました。知的障害を持つ子供たちの歌やダンス。それを必死に指導する先生の姿を見て、どこも一緒…とちょっと感動。学校を思い出します。
最後にレストランでの食事もご招待。結構なご馳走!村のボランティアや子どもたち(ほんの少しだったけど)いつもいけないところに出かけて生き生きした顔を見られて、わたしも満足~~です。
[PR]
# by sachitt | 2007-12-30 02:35

休みボケ

1週間の休日が終わってみんな学校が始まったものののんびりムードが抜けません。活動もあるんだかないんだか。ビーズ手芸のほうは普通だったけど・・。もしかしたらわたしが休みボケ019.gifなのか、今日も人の家でボーっと1日を過ごしました。休日の金曜はたいてい自分の家で過ごすんだけど今日は特別用事があって出かけました。用事が済んでもホントにのんびりと日向ぼっこ。学生たちは1月はじめにテストがあるのでいつも教科書を持ち歩いています。やらなきゃ~やりたくない~計画は立てたんだけど・・とこういうのって日本と一緒だな~と思いつつジャガイモの皮むきをお手伝い。お昼ごはんはいつもよりリッチに鳥の丸焼き、サラダ、ジャガイモの焼き物。このジャガイモ料理「バタータシィニーエ」は直訳するとお盆のジャガイモ。お盆のような平らな鍋にジャガイモを平らに並べトマトとたまねぎを少し後はいろんな調味料をたっぷり加え煮込み、やわらかくなったところでオイルとコンソメを加えてしっとりさせます。そう、羊のひき肉が入ります。家庭料理なのでレストランでは食べられないけど、煮込み料理屋にはこんなものがあったような。しっかり写真を撮ればよかった。f0109114_6371384.jpg撮ったのはたったまま眠っているイラーフちゃんです。
[PR]
# by sachitt | 2007-12-29 06:37

メリークリスマス☆

クリスマスイブの日にアレッポを離れました。いつもと違うバス会社を使ったらクーポンがついていて休憩のときに軽食サービスが!チーズの入ったパン(ホットサンドみたいの)に紅茶、ビスケット2つ。
紅茶は砂糖が入ってなかったし、女性には先に配ってくれたし、なかなかのサービス!ちょっと嬉しい。043.gif
今度もこのバスに乗ろうかな。ちなみにエクスプレスという会社。ただ…バスの中でかけてたビデオの音がすっごくうるさかった。残念。
[PR]
# by sachitt | 2007-12-25 04:58

教会めぐり!

アレッポ2日目。いつもアレッポに行くとゆっくり寝てカフェに行って・・のスタイル。今回はクリスマスということで教会へ。日曜なので礼拝の日です。午前中はアルメニアの教会。シリアは聖書にも出てくる場所です。キリスト教徒のマチではアルメニア語を話せる人もまだ結構いるそうです。そして訪ねた教会の聖書もアルメニア語。神父さんのお話もアルメニア語。もちろんちんぷんかんぷんなんだけど、あらちょっとアラビア語?あらっちょっと英語?というような発音も。ただ今日はわたしたちがいたせいか、途中英語でのお話もしてくれました。サービス満点。きれいなオルガンの音がとっても心地よかったぁ~。060.gif
そして夜、アラビックプロテスタントの教会へ。シリアの教会はアルメニアかギリシャ正教、カトリックがほとんど。このプロテスタントの教会は政府からは認められているけど他の教会からはキリスト教会と認められていないとのこと。複雑です。ここはほとんどアラビア語。賛美歌も賛美歌なの?と思うほどアラブのテンポとメロディー。牧師さんのお話もアラビア語。勉強になりました。
どちらの教会でも礼拝が終わって外に出ると和やかにいろんな人が話しかけてきてくれます。英語が堪能な人が多い・・。教会のいすに空きがないほど人がたくさん集まっていました。こうやってみんなで集まる場所って大切だなぁと実感。よい体験でした。
[PR]
# by sachitt | 2007-12-24 04:54

リッチにホテルで

連休になったので、同期のいるアレッポへ。今回はいつもと違って同期全員がアレッポ入り。
おかげで4時間のバスの旅も快適。
今回のアレッポ集合はこのお休みをみんなで楽しもうという目的ともうひとつ、誕生会。
隊員生活だと周りの関わる人たちは日本にいるときより限られているから自然に誕生日をお互い大事にするようになっています。今回の誕生会067.gif072.gifはリッチにアレッポシェラトンホテルのアジア料理レストラン「いけばな」で。ここではおすし、てんぷらもあるんだけどいまひとつらしく今回は酢豚、焼きそば、生春巻き、サラダ、タイカレー・・・とホントにアジアの料理大会。わたしは何より久しぶりにギネスビール068.gifが飲めたのが幸せ!みんなで集まってステキな雰囲気の中でおいしいものを食べて、話して…。
たのしい~~~実感。
[PR]
# by sachitt | 2007-12-23 04:51

犠牲祭

明日から犠牲祭!
というわけで今日はハッジ・巡礼日です。メッカにはイスラム教徒が多く訪れているようです。テレビでその模様が放映されているけどすごい人の数。山から山へ7度移動するこのハッジ。何度か説明されたけどいまひとつメッカがどんな様子になっているのかイメージがわきません。一生に1度このハッジに出かけるとされているイスラム教徒。村人の中にもハッジに出かけている人が何人かいます。ハッジに行って帰ってくると家の前に旗やいろいろな飾り物をするのでこの家の人行ってきたのねとすぐにわかります。メッカまで丸1日ほどかけてバスで出かけているとのこと。気が遠くなります。
さて、ハッジに出かけなくてもとにかく明日から犠牲祭。4日間の祝日です。カレンダーの都合もあって学校などは7日間お休みになるところが多いようです。実際、この祝日の後1週間くらいはみんなお祭り気分が抜けず仕事にならない状態です。お店もお休みするとことがほとんど。そのために今日はみんな買出し。主食のホブズも多めに準備していました。家ではクッペという肉団子のようなものを作ったりビスケットのような固いパンのようなものを焼いたり、大掃除をして大忙し。加えて新しい服をみんな用意します。街に出ても大混雑。ただ道路は学校が休みで通学バスがいなくてちょっとすいているところも。日本の大晦日みたい。
シリアの犠牲祭もわたしの任期中はこれが最後。前半は村でのんびり過ごします。明日はおいしいクッペが待ってるはず!
[PR]
# by sachitt | 2007-12-19 05:36

地中海のマチへ

週末、同期にいるジャブレというマチへ遊びに行きました。ダマスカスからバスで4時間。シリアにも地中海に面したマチがあるんです。だからと言ってヨーロッパの雰囲気とは遠いかな。でもシリアの中では比較的開放的な場所です。シリアのリゾート地ラタキアから車で30分くらいの場所。
そしてさすがの地中海。暖かい!ダマスカスももちろんわたしの住む村もストーブなしではぜんぜんやってられない。ところがジャブレ。暖房なしで夜更かししててもぜんぜん平気。というわけで同期3人でだらだらと夜更かし生活。ビデオ見て話して・・・日の出のアザーンが聞こえると「あら、寝なくちゃ」って感じ。一応、海も見に行ったけど冬の海でどんよりしていて波が高め。でもこのくらい暖かいとホント過ごしやすい。もう1回くらい寒さをしのぎに行こうか・・と思ったジャブレです。
[PR]
# by sachitt | 2007-12-16 05:33