青年海外協力隊員としてシリアへ~H20帰国


by sachitt
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2007年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧

大統領選挙

f0109114_14365939.jpg今日、大統領選挙があります。選挙と言っても現大統領の承認選挙なのですが前にも書いたように大統領をたたえる式典があちこちで行われお祭り騒ぎ。前日の昨日は真ん中に大統領の顔がプリントされたTシャツを着てみんなイベントに参加していました。
シリアでは選挙に限らず大統領の写真やイラストをあちこちに飾って尊敬を表しています。車のフロントガラスの上のほうに写真を貼っていたり、普通の家でも家族の写真と同じようにフォトスタンドに飾られています。
というわけで選挙の時はそれ以上。あちこちに大きなポスターも飾られました。大統領の任期は7年。
ちょうどこの選挙の時期にシリアにいられたことはきっとラッキーでした。ね。
[PR]
by sachitt | 2007-05-27 14:37

趣味??

ちょうど2ヶ月ほど前まで私たちのCBRプロジェクトに手工芸隊員がいました。
障害のある女性たち(主に知的障害)に手芸を教えていたのですがただでさえ手芸の技術を教えるのは大変なのに、言葉の問題やら障害があったりやらで大変…。
でも、そんな中でなんとなく定着したのがカフリーン村の籐手芸。毎週土曜にきちんと5名のメンバーとボランティアが集まってせっせと作っています。偶然にも私が小学生のころこの籐手芸を習っていたので彼女が帰った後も何とかサポートできています。これからもっと盛り上げたいな~と思っているところ。
今日はもうひとつ手芸の話。
ジュダイデ村でも毎週グループスタディーに知的障害を持った女性が4,5名集まります。しかしボランティアが忙しかったり集まらなかったりで充実した活動には程遠い状況…。グループスタディー中止!なんてこともよくあること。
せっかく、集まりがいいんだからなんかできないかな~と思って選んだのがやっぱり手芸。今日も4人の女性が集まってビーズでブレスレットと指輪を作ってみました。f0109114_20454078.jpg一人のお宅に集合。そこのお母さんや妹も積極的に手伝ってくれます。妹さんは学校を辞めたそうでこれはボランティアとしてやってくれそう!お母さんもビーズ代を出していいよ!と言ってくれたし。何より毎週1回部屋を貸してくれるとのこと。ありがたい。
肝心なのは私のビーズの技術。学校でいくらか子供とやったことはあるけどこっちにくるまでほとんどやったことがなかった私。手芸隊員と一緒にホームビジットをしていた頃ちょっぴり教えてもらったのが唯一の技術。後は本を見てなんとか…。でもこれがかなり楽しい!
一人で作っていてもかなりはまる。
幸い、シリアはビーズのお値段が安いので趣味にするには最適かも??
将来的にみんなの作品が売れたりしたらうれしいんだけど…遠い夢ですねぇ
[PR]
by sachitt | 2007-05-23 20:43 | 活動

大統領選挙

先月、議会選挙が終わったのですが今、また選挙です。
今度は大統領とか…。
選挙といっても大統領承認なのですが。最近はマチ中に大統領のポスターがあふれています。
そしてイベントも盛んに行われています。
みんな大統領に対する信頼は厚いよう・・・
さてどんな風に終わっていくのか?楽しみです。
[PR]
by sachitt | 2007-05-21 00:35

CBRオフィス

 さて…たまに活動のお話をしてみます。わたしの関わるCBRプロジェクトは現在シリアの社会労働省にその名前のついたオフィスが置かれました。昨年の秋のことです。
 ところがここで働くおじさんがただ大きな太った人でなかなか仕事が進みません。カウンターパートなど現地の人のモチベーションの低さなどよくそういう話は聞くんだけどたぶんそれ以下。理想は大きいし自信は、満々。でも何もできない・・・ほんとに困った人に最近思えてきました。省庁のえらい人なので村の人はみんな信用するしそのおじさんもすごく話がうまいからみんなをうなずかせるんだけどその後がまるでだめ。何もしない。
 むらの人たちはいつ約束したことをしてくれるの??と質問するばかり。こんなやりとりが何回つづいたことでしょ?
 もう、国家レベルに頼るのはやめたい!!
 障害者政策って?なんてシリアの将来を考えるのは私らの範囲を超えてるんだから~ともやもやしている今日この頃。結局また計画の作成に戻るのです。
 私の任期はあと10ヶ月。どうなるのかな~
[PR]
by sachitt | 2007-05-20 22:23 | 活動

異常気象??

 シリアは夏に突入したはずだったのですが、ここ何日か雨の日が続きました。
 午前中と夕方に夕立みたいにざーっと降るんです。なんか日本みたいね~と話していました。
 シリアの夏は雨はゼロのはずなのでかなり変な天気。
 雨に対応して作ってない道路は水溜り。というより湖!!
 でも、雨に慣れていないのでみんな仕事はお休み!!
 私もゆっくりさしてもらいました~。
[PR]
by sachitt | 2007-05-18 00:24

学年末テスト

 シリアではこの火曜日からテスト期間に入りました。一斉に。
 小学生も大学生もです。厳密に言うと大学生などはもう少し後ですが・・・
面白いのは大学進学も今回のテストにかかっているところかも。
 一斉テストをして、行きたい学部を15個順に書くそうです。成績順に振り分けられるとか。
 もちろん、それ以外もこの結果しだいで落第したりするわけです。
 でも多くの学生は今月末には長い夏休みに入ります。今はみんながんばって教科書片手に勉強しています。
[PR]
by sachitt | 2007-05-15 13:22

シリア人の小旅行

お休みに村の女性たちと一緒に小旅行に行ってきました。
今回一緒にいったのはボランティアのお姉さん。彼女はちょっと離れた街の紡績工場で働いています。
ということでそのお仲間と一緒に出かけてきました。
行き先はボスラ。
去年も1度行ったボスラですがシリアの人と行くとまた違うんだろうな~と思って。

でも、2日前にこの小旅行に誘われ、OKしたものの、前日彼女からお父さんにだめといわれたと言われ、私もキャンセル。ゆっくり寝てようと思ったら、朝8時少し前に電話がなり、「行くことになったけど行く?」
そんな急に言われても寝てたし・・と思って「NO」

ところが10分後に呼び鈴が…彼女がきて「急いで急いで」だから行かないってと言っても待ってるからとのこと。でも
ぜんぜん待ってくれなくて「みんなが待ってるんだから早くして」と怒る。???
まあ、なんとか出発。
2時間弱でボスラに到着。
このあたりで一番大きな円形劇場に入ってみると観光客がたくさん。シリアの人もたくさん!!
それに驚きました。f0109114_1313236.jpg
円形劇場は音の響きがいいので有名です。みんなもそれを知って小さな太鼓を持参しているグループがいくつかありました。この太鼓が1つあればみんな歌えて踊れちゃうんです。
そして、ちょっと恥ずかしさもあったようですが大きめのグループで歌自慢が始まりました。円形劇場のあちこちから手拍子が始まり、気がつけばその歌の周りに人が集まっていました。
少しずつ踊りも始まり…劇場のホールにどやどやと人が降りていくとほとんどの人がそれに加わり、ほかは見物でダプケ(輪になって踊るホークダンスみたいなもの)が始まりました。
すごい・・・
ほんとにすごい・・・
ボスラは素敵なローマ時代の遺跡なんだけどそれを見に来ているんじゃなくて間違いなく踊りに来てる。これも楽しみ方のひとつだからいいんだけど。

そのあとはまた小1時間かけてゼーリンという湖へ。そこで昼食をとったのが2時ころ。昼食は途中で買ったトマト、きゅうり、ハム、チーズとホブズ(こっちの主食)あっさりだな~と思っていたら、みんな食事よりも遊び平らしい。すぐにボートにのろう!ということになりました。札幌の中島公園みたいなものなんだけど少し多きめのボートがあってこぎ手もそこで待っててくれている。みんなそれに乗るだけです。音楽つきでボートの上でも手拍子と踊り…。まったく飽きないようです。すごい。

とにかくそんなこんなで大騒ぎをしながら、帰りの車の中も大音量の音楽と手拍子は続きました。家に着いたのは夜8時。でもこの小旅行は短いほう。学校主催の旅行なんかは夜中に出発して翌日の夜中に帰ってくるらしいです。きつそう。
[PR]
by sachitt | 2007-05-12 01:29

あっつーい

 とにかく暑いです。
 夜、窓を開けても熱風が入ってくる状態。
まだ5月なのに・・・
 これってこの先どうなるのかしら?すごく心配。
 寝苦しい夜がもう3,4日続いてます。
 夏はこれからのはずなのに。
 ダマスカスの温度表示は44度とか。さすがに間違ってると思うけど、
 34度くらいはあるらしいです。
[PR]
by sachitt | 2007-05-08 15:19

夏・・

エジプトから戻ってみればシリアもすっかり夏。
びっくりするくらい急に夏になりました。ほんとにスイッチ入れたみたい。
先週はまだまだ夜は肌寒いなって思ってたのに今はもう、窓から熱風が入ってくる。
すぐまた涼しくなるかなと思えばぜんぜん・・・
日も長くなって7時でも明るいしほんとに夏です。
そして村では結婚式シーズンの到来。昨日は婚約パーティーだったんだけど例のごとく
踊る踊る・・・
私はいつものように見てるだけにさせてもらいました。
[PR]
by sachitt | 2007-05-05 15:56

エジプト3

ハルガダから6時間バスに揺られてカイロへ。ハルガダでの疲れがどっと出て思ったように動けず…
一緒に行った同期はもっとやられていてベッドへ。わたしはどうしようかといろいろ迷ったもののまずはエジプト名物(?)コシャリを食べたい!とホテルのフロントに相談。なんと配達してくれました。このコシャリ、ご飯とマカロニみたいなもの、ひき肉、たまねぎのあげたものスパイスなんかが入っていてトマトソースをかけて食べるものです。これおいしいししかも安い。ついでにおなかいっぱいになる~~気に入りました。シリアにもあるといいのに。同じアラブの国でも微妙に食べ物が違いましたね。普段食べるパンのようなナンのようなものをシリアはホブズと言うんだけどエジプトはそうではなくて…(?)大きさも違うし。でもサンドイッチなんかはほとんど同じでした。

そして高層ビルを見て都会!!観光地らしく高級ホテルもたくさんナイル川の両脇に建っていました。
カイロでの観光は博物館へ。ここでの目的はツタンカーメン!見てきました。装飾品も。ツタンカーメンもすごかったけど古王国時代の美術品なんかが色もそのままに残っていて驚きました。むかーし歴史で勉強したはずのラムセス2世とか太陽神とかかすかな記憶に残る名前の物が目の前で見れて充実しました。

 さいごはもちろんピラミッドへ。ギザの奥にある3つのピラミッドとスフィンクスを見てきました。f0109114_1533941.jpg
f0109114_1571654.jpgこれはもうテレビの世界。大きさと不思議さに圧倒されたって感じです。ピラミッドの中に空間があるんですよね。ただ石を積んだだけではないんですよねぇ。不思議…
とにかくいつか見ようと思っていたミラミッドを見て「よし見たぞ」と満足。
でももっと歴史に強かったらきっと数倍楽しめたのかも。歴史苦手だったのが残念…。
[PR]
by sachitt | 2007-05-02 15:03